暴言を吐く心

 

今年はコロナウィルスの出現によって、行動に制限がかかり、今までなら可能だった《ストレス発散》ができなくなる事で、身近な人にストレスをぶつけてしまう方も増えていると思います。 

 

過度にイライラしていた事に気付き、誠意をもって謝ることができれば、大抵の関係は修復はできるでしょう。

 

ただ、《しつけ》と称した状況での行き過ぎた暴言は、親や教育者が《しつけ》だと思い込んでしまうだけに、日常的に繰り返されてしまいがちです。

 

 

幾度となく繰り返された暴言の威力は強烈ですから

簡単に修復できない心の傷になってしまいまいます。

 

『お前はどうせ何をやってもダメなんだ』

『アンタなんか生まなきゃよかった』

『消えて』

 

このような類の言葉です。

 

『言ってはいけないと分かっているのに言ってしまう』

『言い出すと止まらない』

 

暴言レベルの言葉を吐き出してしまう場合、

ほとんどの方はどこかで暴言だとわかっているのに

言わずにはいられないような心の状態なのです。

 

 

特に親子の場合、

親の方はそんな自分に嫌気がしながらも

暴言の原因を子供のせいにしたくなります。

 

『だってあの子があんな事するから‼』

 

確かに、子供の行動がきっかけと言えなくもありません。

状況によっては、なかなか理性を保てない事もあるでしょう。

 

 

ただ、暴言は心に閉じ込めた負の感情

他者にぶちまけている行為ですから、子供が原因ではありません。

 

むしろ親の側が弱者である子供を感情のはけ口にしてしまう行為なので、

言い換えれば、自分の感情処理を子供に依存している状態です。

 

 

ですので、『これ以上怒らないですむように』と、

子供の方を変えよう(いい子に矯正しよう)とするのは視点がずれてしまっているのです。

 

 

 

 

 

暴言を止めたいと思うのであれば、

先程記した心に閉じ込めた負の感情

自分の中で、とても大きくなっている事を理解し、

その状態を受け入れ、

子供の動向に原因を見ていた意識を

自分の心に向けてみることが必要です。

 

 

暴言レベルの酷い言葉を使ってしまうのは、

自分を信じられなくなった心が自暴自棄になっているからです。

 

 

【愛されたい】という想いが幾度も裏切られると、

心は勘違いをしてしまいます。

 

その勘違いというのは

『自分は愛されない存在なのではないか?』

という自己不信感です。

 

 

自己不信感がとても強い状態で、

子育てのような、愛情が不可欠なコミュニケーションをすると

心に余裕がないので、どうしても無理をしています。

 

自己不信感をそれ以上大きくしないためにも、

"ちゃんと”子育てしなければ、と自分を律します。

 

子供にも自分のような人間になって欲しくないから、と、

子供にも理想を強制したくなります。

それは愛情というよりも自分に課した義務なので

子育てで味わえる喜びでよりも、ストレスを強く感じてしまいます。

 

無理を続け、疲れ切った心では

子どもに対して理想的なコミュニケーションができるはずもなく、

自己不信感は一層強くなります。

 

そんな日々を繰り返すと、やがて心はやけを起こします。

 

『どうせ私なんかに子育てなんて無理なんだ!』

『誰も私の気持ちなんてわかってくれない!』

 

このように不信感が増大した心は

自分をダメな存在だと認定してしまうのです。

 

そして

 《人から愛されることも愛することもできない私》

と思い込むのです。

自己不信感と強い自己否定感を感じる心は

当然のことながら常にストレスにさらされています。

 

無意識であっても自分自身から存在を否定され続けているのです。

そんな心はきっかけがあれば

やけになっている本音を表現したくなります。

 

それが暴言です。

 

『アンタなんか生まなきゃよかった!』

(だって私には子育てなんて無理だよ)

 (私が親じゃアンタも嫌でしょ?!)

 

『もう、消えてよ!』

(こんなはずじゃなかった、罪悪感の素を全部消してしまいたい)

 

 

暴言を吐いてしまっている時、原因は子供にあると思い込んでいるので

自分の心の本音にはなかなか気づけませんが

実は子供を攻撃しているだけでなく、

先ほど青文字で記したように、

心の奥では同時に自分を責めているのです。

 

 

とは言え、

その時の子供の心は、自分に向けられた言葉として受け取りますから

当然ながら深く傷き、次第に自分の存在価値を疑います。

繰り返される親の態度によって《親から否定され続ける自分》であることを実感し、

自己否定感をつのらせていきます。

 

 

これが一般的に負の連鎖と表現される流れです。

 

 

 

 

ですので、過去に人から暴言を受けたことがある方は

もうお気付きかと思いますが、

あなたがしたことは受けた暴言レベルのことではなく、

あなたが自己否定するような事ではありません。

 

 

決して愛されない存在という事ではなく、

他者の感情処理が間違っていたことで

あなたの心が誤解してしまったのです。

 

 

 

もし、現在のあなたが弱い立場の人に向けて

暴言を吐いてしまうのであれば、

あなたの心の奥の本当の気持ちに向き合ってみて下さい。

 

強い言葉で責めてしまうのは、相手のせいではなく、

自分を否定し続けているがゆえの

心の暴走かもしれないと、いう事を一度考えてみて下さい。

 

 

 

本当の自分の心の状態に意識して向き合うこと

 

 これは、とても過酷なことかもしれません。

でも、少しづつでも大丈夫です。

向き合おうとするあなたの姿勢はちゃんと心に伝わります。

 

たとえ、ゆっくりであっても、

自分自身との信頼関係を

築き直すきっかけになる事でしょう。

 

 

 

  2020 / 7 / 23      kyoko